金周泰家屋

> HOME > 文化と観光 >暮らしの痕跡が残る建築文化を求めて > 金周泰家屋

SNS공유하기

컨텐츠 트위터에 추가하기 컨텐츠 페이스북에 추가하기

金周泰家屋

金周泰家屋

(国家重要民俗資料第141号)
伝統韓屋の金周泰古宅の建築年代は約300年前で、イ・イク が立てたと伝わる。しかし、舎廊は上梁門に朝鮮時代の高宗 5年の1901年と記され、この時期に建築されたものと推定さ れる。母屋は舎廊と同じ年代かもう少し古い19世紀の半ばと 推定される。

所在地

陰城郡甘谷面永山里 チェッマル239-1

忠州牧使を歴任した朴圭熙家が長期間暮らしていたため、朴参判宅とも呼ばれたという。この家屋は、建物の年代はそれほど古くないが、空間の構成が美しい建物として、韓国の伝統建築の特徴を示している。

金周泰家屋  写真