八聖里古家

> HOME > 文化と観光 >暮らしの痕跡が残る建築文化を求めて > 八聖里古家

SNS공유하기

컨텐츠 트위터에 추가하기 컨텐츠 페이스북에 추가하기

八聖里古家

八聖里古家

(忠清北道文化財資料第3号)
八聖里古家は、1930年代に立てられた建物で、当初は広い 敷地に母屋のほかにも揃っていたが、今では母屋しか本来 の姿が見られない。「ㄱ」字型の単軒と八作瓦屋根となっ ている。

所在地

陰城郡笙極面八聖里 129-1

この古家は建築年代こそ古くないものの、1930年代の伝統的な家屋様式の変化を教えてくれる貴重な資料である。

八聖里古家  写真