본문 바로가기

文化の地

陰城郡は、美しい伝統文化が残されている地、そして、 長い歴史や自然の楽しめるクリーンな町です。

Home >文化と観光>暮らしの痕跡が残る建築文化を求めて> 甘谷聖堂

甘谷聖堂

甘谷聖堂1

甘谷聖堂

恵みと癒しの光に満ちたカトリック巡礼地
甘谷聖堂は、1896年に立てられ、約100年の歴史があり、 全国で18番目に、忠清北道内では初めて立てられた聖堂で ある。現在のゴシック風の聖堂は1930年に立てられ、司祭 館は1934年に花崗岩を使って2階建てで造られた。明洞聖 堂の縮小版のような印象を与える。

所在地

陰城郡甘谷面旺場里 357-2 (82-43-881-2808)

甘谷聖堂は数多くの司祭と修道者を輩出、韓国初の聖体大会が開かれた場所で、聖母巡礼地の聖堂である。
甘谷聖堂には玫瑰博物館があり、忠清北道指定文化財のイエス聖心旗をはじめカトリック教会の資料を所蔵・展示しており、カトリックの歴史と資料が見られる。

  • 甘谷聖堂2
  • 甘谷聖堂3
甘谷聖堂4