潘基文国連事務総長の生家村

> HOME > 文化と観光 >暮らしの痕跡が残る建築文化を求めて > 潘基文国連事務総長の生家村

SNS공유하기

컨텐츠 트위터에 추가하기 컨텐츠 페이스북에 추가하기

潘基文国連事務総長の生家村

潘基文国連事務総長の生家村

潘基文国連事務総長の生家村は、約500年前に光州潘氏章節 公派によって形成された村で、村の裏にはポドク山(大山)があ り、村を屏風で囲ったような感じで、平和な気分にしてくれる 典型的な農村。生家村には、潘基文国連事務総長の生家 跡、光州潘氏章節公派宗中の祠堂や宗中の族譜が石に刻 まれた世系図がある。

所在地

陰城郡遠南面上唐1里 ヘンチ村

陰城郡では潘基文国連事務総長生家村の公園化事業、生家の復元事業、記念館の設立事業などを推進している。

潘基文国連事務総長の生家村  写真