陰城郡の紹介

陰城?

> HOME > 陰城郡の紹介 > 陰城?

SNS공유하기

컨텐츠 트위터에 추가하기 컨텐츠 페이스북에 추가하기

韓國 忠清北道 陰城郡庁

上古時代
馬韓の支侵国に属する
三国時代
仍忽県となる
統一新羅
景徳王16年陰城県に改称
1895. 5. 26
勅令第98号により陰城郡に改称

陰城の旧地名の仍忽は吏読(イドゥ)式表記の地名で、仍は水を、忽は谷または城を意味しており、現代語では<水の谷>となる。水が無くなることなく、一年を通して干ばつのない住みよいまちとして記録されている。

基本概況

  • 面積 : 520.4㎢
  • 人口 : 89,542人 (35,684世帯)
  • 行政区域 : 法定里114里 行政里321里 1,236班
  • 行政機構 : 1室13課 議会 2直属機関 3事業所 9邑面
  • 特産物 : チョンギョルとうがらし、タオルチャンすいか、ヘッサレもも、陰城高麗人参など

全国一の発達した交通網

国土の中心! 中部圏の中心郡!
北西を貫通する中部高速道路に、北は中部内陸高速道路、東西は東西高速道路が通る、南北の高速道路をつなぐ発達した交通網は地域経済の発展の原動力となっています。
起業しやすいまち
農工並進で発展する産業団地

活力ある地域経済

中部高速道路と中部内陸高速道路の開通により、迅速な物流移動など最適な立地条件を備え、先端産業(農工)団地が活発に誘致されています。

最高の投資価値を持つ最適の産業団地があります。産業団地や農工団地などで約1,200もの企業が金属、非金属、電気•電子、化学、食品加工など関連製品を生産しています。

産業団地別写真

中部新都市の建設

地方へ移転する公共機関と地域の産業•大学の研究機関•自治体が緊密に連携して、地域の新たな成長を促進する最適の革新環境と定住環境を備えた特化した未来化都市を建設します。

鳥瞰図の写真